ぶらぶらノート(BlahBlah Notes)

美容・コスメ・ときどき社会問題、個人的な思いをひたすら書きなぐっております

【入浴剤で暖まろう】アーユルタイムとバブエピュールのおすすめTOP3【香りも癒し】

 

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

最近は朝晩の冷え込みがぐっと強くなってきました。

みなさまも体調にはお気をつけくださいね。

 

そんな心も体も温めたい時期に、私が個人的に好きな入浴剤についてBlah-Blah語ろうと思います!なお、心は各自で暖めてください!!

 

ぶらのはもっぱら気になる入浴剤があると、アソートパックを買って試して気に入った香りのものをリピートするということを繰り返しております。

今回はバスクリンとバブのシリーズから、香りも癒される入浴剤をご紹介いたします。

 

 

 

バスクリン Ayur Time(アーユルタイム)

f:id:BlahBlahNotes:20201114171620j:plain

天然精油ブレンドされた6種の香りがラインナップされています。

香り立ちはかなりしっかりめ、入浴の最後まで香りを楽しむことができます。

 

香り別にキャッチコピーみたいなのがついているのも、個人的にツボです。

改めて公式HPを訪問してみたのですが、素敵なQAを見つけたので引用します。

 

Q.どのような人にお勧めの入浴剤ですか。

A.お肌や美容に対する意識が高く、自分に合うものを常に探し求めている方にお勧めです。

 

 

はい、私です、そうです、私たちですね。うふふ。

(実際は、香りも楽しみながら身体を温めたい、ヨガとか自分磨きとか好きな層にお勧めだと思います。)

 

ではではこの中から、ぶらのがお気に入りの香りを3つ挙げるとすると…

 

▼アーユルタイム おすすめTOP3

3位 レモングラスベルガモットの香り ~晴れやかさに包まれる時間~

レモンよりもレモンの香りがするといわれる、レモングラスベルガモットのかけ合わせ、柑橘系好きには間違いない香りです。 迷ったら柑橘系から攻める、割と私の王道のやり方です。すっきりさっぱりしたいときに。

 

2位 フランキンセンス&サンダルウッドの香り ~静寂に包まれる時間~

ザ・オリエンタル!!個人的にはバリとかを彷彿とさせます。

サンダルウッド大好き民にはたまりません。フランキンセンスのスパイシーさが加わることで、オリエンタルマシマシ。異国情緒感じたいアナタにおすすめ。

 

1位 カモミール&クラリセージの香り ~幸せに包まれる時間~ 

ダントツで好きな香りです。文字通り、幸せに包まれます!笑

カモミールは控えめ、クラリセージの主張が強めです。これのときはもう呼吸が楽しい。しんどい時の救世主です。香りは癒し…(うっとり)

 

 

 

 

 

 

 

 

花王 バブ epur(エピュール)

 

f:id:BlahBlahNotes:20201114172654p:plain

 

そしてもうひとつ激押ししたい入浴剤がこちらです↑↑↑

ちなみに、販売名は「バブ  ソルトスパ」みたいです。

 

 

バブ エピュールの特徴はなんといっても、エプソムソルト(※)が入っているということ!!

 

エプソムソルトは硫酸マグネシウムのことなのですが、入浴後も暖かさが持続するのはもちろん、マグネシウム便秘にも効果的なのです!(市販されている便秘薬に含まれているのは酸化マグネシウム

 

エプソムソルトで身体を芯から温めて、さらに経皮吸収でマグネシウム不足を補うことができて、一石二鳥な気分で入浴を楽しんでいます♪

 

あとは、香水のようにトップノート・ミドルノート・ベースノートがあるらしい…

素敵な特徴ではありますが、そんなに変化を感じられるほど長風呂しなくないですか…?笑

 

実際のところ…ぶらのは香りの変化を感じることができませんでした。残念。

 (ちなみにわたくしは、40度の湯船に胸あたりまで15分つかるStyle)

 

ではではこの中から、ぶらのがお気に入りの香りを3つ挙げるとすると…

 

▼バブ エピュール おすすめTOP3

3位 シダーウッド&マンダリン ~気分をやわらげたいときに~

 ウッディな香り立ちで、メンズの香水をイメージします。お湯に溶かすとおしゃれ系というよりは、温泉系、あまり特別感はないけどなんだかんだこういう香りがほっとするんですよね。笑

 

2位 ジャスミンフランキンセンス ~気分を満たしたいときに~

個人的には、チチカカの香りがします。笑 ジャスミンの爽やかさにフランキンセンスのスパイシーさで、お香っぽい香り立ち。バブのオリエンタル系はこちらになると思います。癖になります。

 

1位 レモングラスゼラニウム ~気分をすっきりさせたいときに~

爽やかさと癒しの饗宴、うっとり。アーユルタイムのほうがサッパリに全振りしていますが、こちらはゼラニウムが入ることでフローラルな甘さが加わっております。

 

 

まとめ

こうみると、どちらも似た系統の香りを選んでいますね~。

発汗作用や持続効果に差はあまり感じませんでした。どちらも15分で十分汗をかきますし、寝るまでは(2時間程度)ぽかぽか継続しております。

 

では、両者の違いを感じたところですが

  • アーユルタイムのほうがいわゆるバスソルトって感じのおしゃれな香り、そして香り立ちもしっかりめ。粒が大きく、やや溶けにくい。溶かしたお湯はさらさら。コスパよし。(ボトル720g、18回分。公式HP記載の価格は1,680円税抜)

 

  • バブエピュールは、お湯に溶かすといわゆる昔ながらの入浴剤って香り立ち。香りの持続力もやや控えめに感じます。粉末タイプのため溶けやすい。溶かしたお湯は少しトロミがでる印象です。コスパはやや低めか。(ボトル400g、8回分。楽天24の価格は約1,216円)

 

ぜひ、お好みの方をお試ししてみてくださいね。

 

 

 

 

みなさんも、身体を温めてこの冬を乗り切りましょう~!

おすすめの入浴剤があったらぜひ教えてください! 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

 

 

アラサー独女が真剣に考える、清潔感とは?

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

前回の記事からかなり空きましたが、生きています。元気です。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、清潔感についてBlah-Blah語ろうと思います。

 

このテーマを選んだ理由は、友人がマッチングアプリの活動報告をしてくれるときによくキーワードとして挙がってくること、女性の友人同士での会話ででてくるパートナーに求める譲れない条件の中でも頻出のワードだったからです。

 

頭からつま先まで、順を追って真剣に(ちょっとふざけて)!男性に求める”清潔感”についてひも解いていきたいと思います。(何様?!な目線で語っていますのでご承知おきを…)

 

 

 

印象が変わる?!髪の毛・ヘアスタイル

 

髪の毛・ヘアスタイルで気になるポイントといえば「フケ」「寝ぐせ」あたりでしょうか。

短髪ならば爽やかというイメージもありますが、長髪であろうと手入れされたヘアスタイルであれば、清潔感はあるといえます。(好みの問題はここでは外します)

染髪されている方は、「プリン(根本の部分だけ地毛が目立つ)状態」になっていないかも気になるポイントですね。

 

各パーツすべてにおいて共通していえるのは、清潔感=手入れがきちんとされていることだといえます。

 

つまり、フケ=お風呂に入っていない? 寝ぐせ=鏡をみて身だしなみを整えていない? プリン状態=美容院に通えていない、メンテ力、継続力がない?だらしない?

といったことを連想させてしまい、あまり清潔感がない・身だしなみに無頓着であるとみなされてしまうのです(ぶらの主観)

 

あと、常に髪の毛を触ったりいじったりするクセがある方も気を付けてください。

特に食事中は、相手に不快感を与えます、控えましょう。(何様)

 

髪の毛を無意識に触ってしまう心理状態としては、手持無沙汰・緊張している、ナルシシズムが強い、とぶらのは判断しています。(何様)

 

やっぱり一番気になる?!お顔

お次は、お顔です。

お目に目やにはついていませんか。目やにがついた眼差しで熱く見つめられたとしても、「こ、こいつ朝ちゃんと顔洗ったのか?」と相手を不安にさせてしまいますね。

 

そして意外とダークホースなのが眉毛です。メイクされる方は聞いたことあるかもしれませんが、顔の印象の8割は眉毛で決まる、なんて話もありますね。それぐらい影響のあるものなんですよ、眉毛って。ぼさぼさならば毛流れだけでも整えてみましょう。

太眉・細眉、流行はあるものの眉の形から明らかにはみ出ている毛はなくしましょう。あとはカミソリで剃って青くなっているのもいただけないですね。

 

女性は眉メイクでセルフ管理される方が多いイメージがありますが、最近は眉毛サロンも流行っていますよね。

男性は美容院で整えてもらうのがメジャーなのでしょうか?それともセルフが多いのかしら?

 

お肌はですね、かなりみられています、実は。女性はスキンケアに力を入れている傾向が強く自分の肌状態にかなり敏感になっています。自分が気になるところって、他人のも見ちゃうんですよ。あー、この人ニキビすごいなぁ、とか。うーん肌がなんかあんまりきれいじゃないなぁとかね。

メンズのスキンケアとかもでてきていますが、まずはドラッグストアでお安い化粧水から始めてみるだけでも全然変わると思いますので未経験の方はぜひ。ハトムギ化粧水ならばワンコインで手に入りますよ。

 

 

そして、ニキビの方はぜひ皮膚科へ。(過去記事も参考にどうぞ)

blahblahnotes.hatenablog.com

 

ひげ。これは似合ってればあってもなくてもOKだと思います。ただし、青ひげはなしね。

手入れされているデザインひげなら清潔感もありますよね。無精ひげはかなり評価が分かれるところです。

ちなみに、ひげ脱毛している男性は女性側からかなり好印象です◎

 

口元。唇がぷるっぷる!である必要はありませんが、ガサガサ(出血してたり…!笑)なのはやめましょう。リップクリーム塗りましょうね。

そして歯並びを矯正するだけで口元の印象もぐっとよくなりますので金銭的に投資余裕がある方はぜひご検討を。(矯正ってすごい高いみたいですね。)

 歯磨きは毎回食後に。フロスもしましょうね。歯垢は口臭の原因にもなります。

定期的に歯のクリーニングにも通いましょう。(定期健診と一緒にぜひ。)

 

以前、婚活パーティに友達と参加したとき、口臭がひどい方がいて会話するのもかなりしんどかったですw(彼のあだ名はプラークになりました、歯医者いってくれたかな)

 

口臭対策は、これが超絶おすすめです。有名ですが…笑っちゃうぐらい臭いが消えますw

 

あとは、ぶらのはコーヒー1日2杯は飲むのですが歯が白いねってよく言われます。(そんなに真っ白ではないんですけどね…)

参考までに、以下のシリーズの歯磨き使っています。

 

 

意外と見ている?!手先

爪は短く切って整えていれば問題なしと思います。ネイルサロンで整えている殿方もいるようですが、だいぶ上級者ですね。定期的に爪切りして、ハンドクリームで適度に保湿ケアをしておけば十分だと思います。

意外と手フェチも多いみたいですので、ぬかりなく。 

 

気にするのは人それぞれ?!体毛

ぶらの周辺の女性はあまり体毛は気にしない方が多いです、がやはり超剛毛は嫌だよねって意見がちらほら。。。

なにかと物理的に引っかかっちゃうレベルで剛毛の方は、脱毛サロンで薄くなるぐらいまで施術してもらうのもありでしょうかね。

日常的に気になるパーツでいうと、指毛でしょうか…これは目立つので剃っていたほうがよいかもしれません。

 

 

実は割と決め手?!匂い

これは目に見えない部分でもあり、難しいところであります。

ですが、かなり重要です!!!(語気強め)

 

ぶらの界隈では結婚の決め手が、いい匂いがするからっていう知り合いもいるくらい!

はたまた、いいひとなんだけど隣に座った時の匂いがなんか無理で…っていう事案も多数…

(一説によると、「匂い=ホルモン」で本能的にDNAの近い人を避けるように脳が無意識に判断しているとかなんとか…)

 

 デオトラントケアはもちろんのこと、頭皮ケアも重要ですね。制汗剤などで外側からケアするのは、まぁ物珍しいことでもないので割愛しますが、ここで声を大にしてお伝えしたいのは、デオトラントケアせずに香水やその他の香りづけでごまかすな!!!

ってことぐらいでしょうか。どんなによい匂いを振りかけようと、臭い×匂いの地獄の狂騒でしかないです。

 

あとは基本に立ち返っていくと、ジャンクな食事ばかりしていないか?、というところですね。

食べたものでも体臭は左右されます。(ニンニクなんか特にわかりやすい例ですが)

お食事の内容が偏っている自覚がある方、お野菜も意識してとるようにしてみてくださいね。

 

 

 ざっと網羅したらひとつひとつの内容が薄くなってしまいましたが、

言いたいことはざっとかけたつもりなので、ぶらの満足です。

誰かの参考とまではいかずとも、暇つぶしになったら幸いです(はーと)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

 

 

【経験談】ニキビ対策について【おすすめの方法】

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

今回は、私のニキビとの格闘の記録を綴っていこうと思います。

どんなニキビ対策があるのかが知りたい方は、どうぞ最後の「おすすめの取り組み」のところに目をお通しください。

(なお、現在もニキビとは永くお付き合いさせていただいております。合掌) 

 

 

 

思春期ニキビとの闘い

 思春期のホルモンバランスによる皮脂分泌が過剰になってTゾーン中心にできるやつですね。中学生ぐらいから、ニキビが気になってきていた記憶です。アルバムをみると、必ず顔面に1個はいますね、やつは。大量発生はしなかったものの、常にニキビがある状態というのは、かなりストレスだったと思います。周りの目が気になるお年頃ですしね…

 

当時は、どうしたらよいかわからず親に泣きついて、プロアクティブを買ってもらったりしていました。その後は継続しなかったので、わたしの肌には効果がなかったのだと思われます…

 

大人ニキビとの闘い

高校~大学生になってもニキビは発生し続けていました。黄ニキビにはビフナイトを塗ったりしていましたが、根本的な解決には至らず…(あの硫黄の匂い、効いている気分になるので嫌じゃないです)

 

大学生編~はじめての美容皮膚科(保険適応外)~飲み薬~

高校生時代までは日焼け止めも数えるぐらいしか塗ったことがなく、夏はいつも黒焦げ、化粧っけもなかったぶらの。

そんなわたくしも大学生になってからは、毎日メイクをするようになりました。

そしてメイクが負担になったのか、ニキビがどんどん悪化していき、メイクで隠せない→厚塗りになる→ニキビが悪化する、の負のスパイラルに陥るようになりました。

 

そんな大学生時代のある日、母親が知り合いから聞いたニキビに聞く飲み薬がある!という話にすがり、都内の美容皮膚科に通うことになりました。

なんとも最新の投薬で、海外で開発されて日本ではまだ数か所しか処方許可がでていない代物だとか…(いまでこそネットでなんでも調べますが、当時はそんなにニキビ薬の情報がなかった)

もちろん保険適応外!で、飲み薬だけで確か月4万円とか…(記憶があいまいですが)

とにかくよくなりたい一心で必死でした。笑 

当時の記録が残っておらず、何を服用していたか不明です。参考にならずすみません。

半年ぐらい通っており、ニキビはかなりできなくなりました…!

高かったけど、やった価値はあったな~と当時は思っておりました。

 

社会人編~皮膚科(保険適応)~塗り薬と抗生物質の併用~

その後服用から3~4年ぐらいたったころにはまたポツポツできるニキビが気になりはじめました。

2016年には皮膚科に行って、ベピオゲル(塗り薬)を処方してもらったのですが、

副作用が激しくでてしまい皮剥けがひどくて使用を中止してしまいました(TT)

(たまにポツポツとできるぐらいで、そこまで気にならなくなってはいたのでそのまま治療はいったん休止)

 

しかしアラサーになると、体調の変化が目まぐるしく、体質も徐々に変わっていきました。職場環境が変わったことも重なって、ストレスがMAX、肌荒れもMAX!

人生最低レベルの肌荒れを起こしました…

 

生理周期に合わせてしこりニキビが発生 → 治る前にまたしこりニキビ発生&沈静化しても赤く色素沈着

ということで、私の顔面は赤い点(色素沈着)と黒い点(ほくろ)と白い点(黄ニキビ)の饗宴が繰り広げられておりました。

顔面騒がしくてたまらんな…!!

 

またまた皮膚科にお世話になりまして…今度の先生からは、塗り薬&飲み薬を処方されました。

・ディフェリンゲル(塗り薬)

ミノマイシン抗生物質

・荊芥連翹湯(漢方)ケイガイレンギョウトウ

 

これが私には合っていたようで、半年ほどで炎症性のニキビはなくなりました(ヤッター)

 

f:id:BlahBlahNotes:20201024204935j:plain

赤みが収まると、ホクロが目立ちますね…

ホクロについては、以前のこちらの記事もどうぞ!

blahblahnotes.hatenablog.com

 

ですが、喜んだのもつかの間…抗生物質の服用をやめてしまうと、やはり炎症性のニキビができてしまう。しかし抗生物質というものは、長期の服用は推奨されていません

(耐性ができてしまうため)

 

抗生物質の服用は1年ほどでやめて、新たな道を模索しはじめるぶらのでした。

 

現在編~ピルの服用&摂取するものから変えていこう~

さて、現在はどうしているのかというと…まだまだ模索中ではありますが、

新しいアプローチとして、身体と肌に優しい生活に取り組んでいます。

 

まずは生理周期に合わせてできるニキビに対しては、ホルモンバランスにアプローチしよう!ということで、低用量ピルの服用を始めました。

こちらは、飲み始めて2-3か月ぐらいでかなり生理前のニキビに悩ませることは少なくなりました!

 

そして、健康に意識を向けて摂取する油に着目しました。

日常でよく摂取する身近な油はほとんどがオメガ6で構成されていてこれは体内を炎症に傾ける作用があるということを知りました。そして、オメガ3がその対局の働きをして、抗炎症に傾ける作用があるそうです。

ちなみに、オメガ3オメガ6を摂取することが理想なんだそうです。

 

オメガ3に分類されるものは、<αリノレン酸><EPA><DHAになります。

できれば、それぞれが含まれる食材をバランスよく摂取したいですね。

私はオメガ3のサプリメントを毎日飲んでいます。

 

あとは、亜麻仁油もサラダやスープに入れて摂取するようにしています。

 

オメガ3系脂肪酸の摂取目安としては、1日 1.6g~2.4gだそうです。

 

 

おすすめの取り組み

 

①正しいスキンケアと食生活の見直し 

ニキビ肌は皮脂コントロールがキーになります。なるべく油分が少なく、それでいてしっかり保湿してくれるものを選ぶとよいと思います。

化粧数はビタミンC系の成分が含まれているものをじゃぶじゃぶ使いましょう。

今回は、お気に入りの乳液を2つご紹介します。 

 

ニキビ肌のスキンケアとして一押しなのは、ミノンのアクネケアシリーズです。

しっかり保湿されるのに、べたべたしてニキビを悪化させるようなことがない使用感が気に入っています。

 

もっとさっぱりした使い心地がよい方は、キュレル 皮脂トラブルケアのほうがおすすめ。

私は冬にミノン、夏にはこちらを使っています。

 

 

 

 

そして食生活は、摂取する油に気を付けること!

特にショートニングやマーガリンは、トランス脂肪酸を発生させて身体にも肌にも悪いのでNGです!

 

②皮膚科へGo

まずは、皮膚科で保険診療を受けてみましょう。

塗り薬や抗生物質の服用、漢方の服用で改善することがあります。

抗生物質の長期服用にはお気をつけくださいね。

 

 

③低用量ピルの服用

生理周期に合わせてできるニキビに効果的です。費用はだいたい月3000円ぐらいかかります。

ニキビへのアプローチはもちろんのこと、PMSに悩まれている方にもぜひおすすめしたいところです。

オンライン診療ができるところもあったりと、忙しい人でも手に入れやすくなってきていますね。

ピルも種類があって、人によって合うあわないもあるようなのでぜひ婦人科の受診をして相談しながら、合うものを探していろいろ試してみてくださいね。

 

④美容医療に頼る

ここまでのステップで改善しない場合は、文明の利器に頼りましょう。 

かかる費用はぐんと跳ね上がるので覚悟が必要です。

こちらについては、今現在ハイドラフェイシャルSRA治療を行っていますので、また体験記を起こしたいと思います! 美容医療に課金だ!課金だ!!

 

⑤(番外編)ストレスをためない

おまけに番外編です。ストレスは万病のもと。ストレスの汎用性をなめてはいけません。すべての元凶ともいえましょう。そしてなかなか倒すことのできないラスボス…

ぶらのはフェス(青空の下で聞くダンスミュージック最高)が趣味なのですが、

このご時世、お家でひっそりと音楽をたしなむ次第であります…早く青空の下で暴れたいです~~~

皆様もストレスため過ぎず、頑張りすぎず、たまにはのんびり生きましょう…!

(自分にも言い聞かせる)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

 

 

ホクロ除去体験記【金額も公開】【Before/After画像あり】

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

今回は、ぶらのが今までやってきたホクロ除去について公開させていただきます。

ほくろに悩んでいるかたの参考になったらうれしいです!

( 画像編集して載せてみたのですが、わかりにくくてすみません…)

 

 

ホクロの除去方法

方法としては、大きく分けてメスを使ってホクロを取り除く方法(切除術)と、レーザーなどで熱を与えてホクロを取り除く方法(焼灼術)があります。

 

私が今まで経験してきた顔のホクロ除去は、すべて焼灼術になります。

具体的には、電気分解炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を受けたことがあります。

 

なお、美容目的でのホクロ除去は自費となります。(高い…涙)

目の付近にあって視界の邪魔になっている、洋服の着脱で引っかかってしまうなど生活に支障をきたす場合などは、保険適応になる可能性があるみたいなので相談してみるとよいかもしれません。

 

 

はじめてのホクロ除去(2013年8月)

f:id:BlahBlahNotes:20201011153037j:plain

 

場所:城本クリニック 

個数:1個

   ・鼻の横側にあった大きめのホクロ(ふくらみアリ)

方法:電気分解

料金:治療代(¥21,000)、 テープ・軟膏など薬代(¥22,400)

   合計(¥43,400)

 

はじめてのクリニック体験、そしてはじめてのホクロ除去。あまり下調べせずに「まずはカウンセリングだ!」と軽い気持ちで3つ(顔のホクロ大2個、脇の下のホクロ大1個)で見積もりをしてもらったところ…でてきた額はなんと約10万…!

社会人ホヤホヤの身としてはとても出せる額ではなく…かといってそのまま身を引くこともできず、とりあえず鼻の横の1個に絞って治療してもらいました。

下調べ(複数院の比較など)を怠ったのと、見積もりだけでその場を去るメンタリティができていなかったのが反省ですね…

そしてバーッと説明されて、軟膏・テープのほかに、ハイドロキノンスティックや肌回復のための飲み薬(アミノ酸系)も処方されておりました。(ひとつひとつ確認しなかった私が悪いですが)

 

小鼻のくぼみの位置なので、跡もそんなに目立たずちょっと大きめの毛穴かな?という感じで仕上がりとしては特に不満はないのですが、初めての体験としては少し苦い思い出となりました…笑

 

大手だけあって内装も清潔感があってキレイでした。アフターケアにもしっかりお金をかけたい、美容医療慣れしてじゃんじゃん質問できる、合わなければ立ち去ることは厭わないメンタリティをお持ちの方は大手があっているのかな…?SBCとかも会員になってキャンペーンをうまく併用するといろんな施術がお安くできると聞いたことがあるので、なんにせよ情報収集は大事ですね!

 

2回目のホクロ除去(2019年2月)

f:id:BlahBlahNotes:20201024193234j:plain



場所:東京美容外科

個数:2個

・目の上の中くらいのホクロ(ふくらみアリ)

・頬の大きめのホクロ(ふくらみアリ)

方法:炭酸ガスレーザー

料金:治療代40,000円、軟膏・テープ代(¥3,000)

    合計(¥43,000)

  (明細見当たらず、LINEのトーク履歴からなので正確でないかも)

 

前回のトラウマからか、かなり期間があいた2回目。笑

その間にニキビ治療に奮闘していた時期もあったのでそちらも今後記事におこしたいと思います。

2回目はしっかり下調べ(比較)して、実際にいろんな院を回った人のブログから、お値段重視でチョイスいたしました。処置料のほかには軟膏とテープだけでお財布に優しく、治療もスムーズに終わり結果的に満足です。

 

比較画像のAfterは、2か月後の化粧ありでまだ赤みがあったのがうっすらわかります。

半年後にはすっかり色も落ち着いて、ほとんどわからないぐらいになりました。

(ちなみに現在頬の方はへこみはないですがうすーく色素沈着が残っています。)

Beforeは1回目と同じものを使ってみたのですが、まさかのAfterにシミ新たにできすぎていて、ホクロの経過がわかりづらいですね、すみせん。(涙目)

6年の月日でシミが生成されていたことがよくわかる写真になりました…(ため息)

 

 

最後のホクロ除去(2019年12月)

f:id:BlahBlahNotes:20201024193357j:plain

 

場所:赤坂メディカルMクリニック 

個数:11個

  ・顔面全体あらゆるところにあったやつら(3㎜以下) 10個

  ・眉間のほくろ(3㎜以上) 1個

 

方法:炭酸ガスレーザー

料金:治療代(3㎜10個 ¥30,000、5mm1個 ¥18,000)、

   テープ・軟膏その他(¥9,300)

   合計(税込み¥63,030)

 

改めて「えっ?!安すぎ??」て感じですね。眉間のやつがいなければもっと安かったのに…笑 

ここまであまり触れていませんでしたが、治療に入る前に局所麻酔をします。11か所、針で麻酔するのが地味にきつかったです…治療自体は痛くはないんですけどね。

現在もうすーく色素沈着があるのと、一番大きかったやつは若干へこみがありますね。

Before/Afterでわかるか微妙ですが、○がついている以外の箇所のほくろもいなくなっているんですね。実は、最後のほくろ除去の前にシミ治療(SRA)を受けたら、小さいほくろもついでにとれてくれました。

シミ治療については、また別に記事にしていきたいと思っています。

 

まとめ ~ホクロがたくさんある方へのおすすめの方法~

 電気分解法も炭酸ガスレーザーも、だいたい2週間は保護テープを貼る生活をしていました。1回目は小鼻の横で目立たないかなーと思いましたが、何人かにどうしたのー?って聞かれることがありました。普通に「ほくろ取ったんだよねー」と回答。

2回目と最後のときはマスクで乗り切りました。(何か所かははみ出ていましたが)

 

おすすめの時期

レーザー照射後は、紫外線を避ける必要がありますので、

おすすめの時期としては、秋以降から冬の間になります!

紫外線量の少ない時期、かつマスクをしていても目立たない時期ですね。

(記事を書いている2020年コロナ禍では、季節問わずマスクが必須ですが…)

 

春でもよいかな~とも思われるかもしれませんが、5月とかは実はかなり紫外線量が多いみたいなので要注意です!! 

 

ほくろがたくさんある方向け
  • 小さいホクロがたくさんある場合

基本的に、料金はホクロの大きさ×数で決まってきます。

クリニックによっては、○○mm以下○○個まで一律料金とか取り放題なんかもあるみたいです。

自分が通えそうなクリニックで見積もりしてもらって、どのパターンがお得か検討されてみることをお勧めいたします。(東京は見つからなかったのですが、大阪とか名古屋は取り放題あるみたいですね)

あとは、薄いものだとフォトフェイシャルなどでもとれたりするようです(友人談)

 

  • 大中小様々なほくろがある場合

こちらは、わたくしが当てはまるパターンなのですが

上述の通り、最後の顔面ほくろ一掃に行く前に、SRA治療を2回受けています。

こちらはシミ治療になるのですが、ざっくりいうとフォトフェイシャルの超強化版で全顔に照射して、数日かけてシミがかさぶたのようになってポロポロととれてくるものになります。

黒いものに反応するためシミはもちろん小さなほくろまでポロポロととれました(うれしい誤算)

 

 

ほくろがたくさんあるよ~って方は、まずフォトフェイシャル(IPL)/SR/SRAなどの光治療で全体的にほくろのサイズを小さくして、残ったほくろを炭酸ガスレーザー治療でピンポイントに除去というのが私がおすすめする流れです。

 

シミなのか、ほくろなのか、治療によっては悪化させてしまう場合もあるようなので、お医者さんに診断してもらって、どんな治療にするか選んでいってくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

 

 

ダイエットについて思うこと②

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

前回の記事でダイエットについて思うことをつらつら書いたのですが、

blahblahnotes.hatenablog.com

今回はその続きとしてダイエットについての私のマインド、具体的な取り組みについてご紹介していこうと思います。

 

参考になりそうな方は参考にしていただき、興味ない方はお暇でしたらお付き合いください。

 

ぶらの流 ダイエットのマインドと具体的な取り組み

 

現状把握

何はともあれ、現状把握は必須です。身長、体重、BMI体脂肪率、食生活、運動について自身の状態を正しく認識します。

 

ご自身の身長・体重・体脂肪率、パッと言えますか?

BMIの「普通体重」の範囲はわかりますか?

 

定期的に健康診断も受診して内容もしっかり確認しましょう。

(※医学的に痩せることが必要な診断となった場合には、適切な機関で食事・運動の指導を受けてくださいね)

 

 私の情報はあくまで素人が書いているもので絶対ではありません。ほんのほーんの参考程度にしていただければ幸いです。いろいろな情報を調べた上でご自身に合った方法をぜひ見つけてくださいね。

 

【ポイント】

体重計に乗るときは、同じ時間帯(同じ条件下)で乗る

私の場合は、毎朝起きてパジャマを脱いだ状態で計測しています。(冬は寒いのでさぼりがちですが)

朝一か、夜のお風呂に入る前などがおすすめです。体重計もパッと乗りやすい位置に置きましょう。ちなみに入浴後の脚などが濡れた状態では、体脂肪率は正しく算出されないようなのでお気を付けください。

 

現状を正しく認識した上で、自分の目標(数値目標でも、なりたいボディイメージでも)を設定しましょう。

私は、ほどよく筋肉のついたカーヴィーな身体を理想としています。(真顔)

 

余談ですが、学生時代に膝を壊してリハビリに通っていた時期があります。

その時のトレーナーさん(浅尾美和似の爽やかなお姉さま)が話していたことが、当時衝撃で今もまだ覚えています。

『今の若い子、みんな細いじゃない?ガリガリすぎるぐらい。あれ、将来歩けなくなるからやめたほうがいいよ。』

 

痩せること・細くなることを第一に考えたダイエットは、その時はよくても後々自分自身にツケが回ってくるんですね。

筋力がなさすぎて、身体を支えられなくて歩けなくなるということだと思いますが…怖すぎる…

 

基本が大事!食事と運動について 

はい、基本すぎて文字にするのもあれですが。食事・運動大事です。

 

身体がよろこぶ”食事”を

”あなたが食べたもので、あなたはできている”

 

バランスのよい食事は健康と切り離せないですよね。ポイントは、1日だけ/1食だけに目を向けるのではなく、もう少し広げた目線で栄養とバランスを考えることです。

  • 一週間の中で栄養バランスを考える
    例)外食予定がある時は、その前日や次の日のメニューで調整を行う
  • お腹が空いていないときには、無理に食事はとらない
  • 間食のときは、これを食べて太るなら本望!と思えるものを摂取する

 

上記が私が心がけているものになります。

 

○○ダイエットとかで偏食したり、謎のダイエットサプリメントに手を出す前にまずはバランスの良い食事をきちんととることができているかしっかり確認することが大切と考えます。

 

ゆるく、でも毎日 ”運動”

激しいワークアウトをする必要はないと考えていますが、効率的な運動をしたい場合には、HIITがおすすめです。(HIIT:短時間で脂肪燃焼効果が得られる運動。調べるとたくさん動画などがでてくると思います)

女性でしたら筋トレは自重で十分だと思っていて、私自身はジムに通ったことはありません。筋トレは正しい姿勢でできていないと効果がない、もしくは変な身体の使い方をして痛めてしまう恐れがあるので過度にやりすぎないようにしています。

 

最近は、引き締めたい部位の筋トレ動画(5-10分)+ HIIT動画(10分)のコースが鉄板になってきています。ちなみに体脂肪率は20~23%をうろうろしてます。

 

 そしてストレッチも大事だと思ってルーティンに入れるようにしています。

骨盤矯正のストレッチや、反り腰解消のストレッチなどを寝る前にやっています。

 

視覚的な効果を活用する


骨格タイプに合った服装

骨格タイプってご存じですか?

 

それぞれの特徴から、体型を大きく3つのタイプに分類する方法で、自分の体型にあったスタイリングがわかるようになります。

骨格診断・自己診断|骨格診断アナリスト協会

 

 

例えば、私は骨格ストレート(立体感とハリのある身体)なので、柔らかい素材のシフォンブラウスなどを着ると膨張して見えてしまいます。

逆に張り感のある素材・Vネックなどを合わせるとすっきりとした印象に見せることができます。

 

このように骨格タイプに合った服装に変えるだけでも見た目の印象を変えることができます。 

(特にネットショッピングで洋服を買うときは、試着ができないので自分の骨格タイプにあった質感・デザインのものを選ぶようにすると失敗しづらいのでおすすめです! ) 

 

整体で整える

ここだけは、課金が必要となります。

姿勢を正すだけでお腹がへこんだり、しゃん!とした見た目に変わりますよね?

私は身体のゆがみはいろいろなところへ悪影響をおよぼす、と考えています。

猫背にならない、片足重心で立ち姿勢をとらない、など日常生活で気をつけておりますが、時には専門家の手を借りることが必要だと考えて美容整体に通っています。

整ってくると月1回程度の頻度になりますので通うのもあまり苦ではありません。

ジムに課金していない分、私は整体のほうに課金しております。整います。ぴん!

 

参考にする情報の探し方、ポイント

最後に、私が自分に合ったやり方を探すための情報収集について紹介します。

 

”餅は餅屋”

 

 基本はYoutubeやネットで参考となる情報を探しています。その際に情報ソースや根拠がわかりにくいものは避けるようにしています。

 

インフルエンサーと呼ばれる魅力的な方々が発信するダイエット術・ワークアウトも見ますが、あまり真似しません。華奢すぎて、私がなれる体型ではない・私のなりたい体型ではないことが多いからです。

どちらかというとトレーナーさんや整体師さん・お医者さんが発信しているチャンネルをよく見ます。専門家からの情報をたくさん浴びて、より正確な知識を身に着けていきながら、自分に合ったやり方を確立していくことをお勧めします。

 

年齢を重ねて身体は変化していきます。世の中の情報も変化します。去年よいといわれていた○○が実はこんな副作用があるとか、逆効果だったとか。

ダイエットに限らず、

 情報は定期的にアップデートし、自分のやり方も必要に応じて変えていこうという所存です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

ダイエットについて思うこと①

お疲れ様です。ぶらのです。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

はい。今回のテーマはダイエット、特に若い女性に向けてBlah-Blah語ろうと思います。

 

○○ダイエットとか、ダイエットサプリのCMなんかが世の中にありふれすぎていて

ダイエットブームってむしろブームではなくて永遠のテーマですよね。

 

たいていの人が使っているであろう和製英語としてのダイエット(体重を減らす・身体を細くする意味)は、本来の意味とは実は違っているのですよね。

むしろ永遠のテーマ的な要素のほうが合っていて

健康的な生活を続けていくためのもの=ダイエット だと思うのです。

 

  • 減量とダイエットは違う(豆知識)
    あるYoutuberさんの発信で私もほーっと勉強になったのですが、(比較的短期で)体重を減らすことを減量といいます。ボクサーさんとかがやるやつですね。
    なので、1か月でマイナス○○㎏☆(キラっ)みたいなのは、厳密にいうとダイエットではなく減量になります。

 

以下は”痩せること”にフォーカスした意味でのダイエットについて、文章を続けます。

ぶらのは10代から○○ダイエット・○○痩せといった情報、痩せ勝ち価値観を浴びることが不可避な環境に物申したい。どん!!

※もちろん、健康に支障があるもしくは医学上の肥満に当てはまる人は痩せたほうが良い場合があるかと思いますが(もちろん、それを診断・指導するのはお医者様か資格をもった指導者です

 

 

 

 

さてはて、「図太く生きる」が板につきはじめているレディぶらのですが

こんなわたくしにも、花も恥じらう乙女だった時期があります。

(実際にはジャージで学校の廊下を転げまわるフリーダムな学生生活をしていましたが)

 

身長は中学3年で止まったものの、大学3年ぐらいまで、私の体重は微増の傾向でありました。

 

脚が太いのがずっとコンプレックスでしたが、当時の写真を見ても特段太いようにはみえないから、あら不思議。(太い、細いは主観なので明確に定義できないですけどね)

運動部だったので筋肉質・パーンと張った立派な脚ではあったものの、当時自分が抱いていたコンプレックスを思い返すと大したことないように見えます。

 

誰かにデブとか、太いねって言われたわけでもないのになぜかコンプレックスに感じておりました。(※他人の容姿をからかうことについては、また別の機会語りたいと思います)

 

確か脚太コンプレックスは高校生ぐらいまで続いた気もしますが、大学生になってからは私服で隠すことができるようになったためそこまで気にならなくなった記憶です。

 

さて、そんな学生生活を振り返ると常に「あー、痩せたい!!」と叫んでいたり

間食や食事のたびに「デブエット」「まじデブ」なんて自虐を連呼していました。

 

痩せていること・細いこと=絶対正義 みたいな公式が刷り込まれていたんですね。

 

容姿についてからかわれる経験のなかった私でさえこの有様ですから、もしそういう経験のある方はもっとダイエットに対する強迫観念はすごいであろうことは想像に難くないですね。

 みなさん、安易に人の容姿について言及することはやめましょう。(特に中傷、ダメ、絶対

 

 

昨今のSNSたるやダイエット垢の多いこと。目指せ○○㎏台!目標‐○○㎏だのなんだの…私はこうして痩せました!○○で激やせ?!なんてゴロゴロでてきます。

それぞれの事情がある中で一口に否定することはしませんが、今一度「本当に痩せる必要があるのか?なぜ痩せたいのか?本当に痩せたいと思っているのか?」を問うてほしいと思います。

 

ここで私のスタンスを言及しておきますと、

  • 安定した精神状態における健康的に無理のないポジティブなダイエット については賛成です。
  • ダイエットとは、健康な状態にするため、またその状態を保つために行うこと

 

強迫観念にかられた無茶なダイエット行為はリバウンドやさらに過食症・拒食症などにつながり大変危険です。

 

「デブだとみんなから嫌われるから痩せなきゃ!」

「デブだからもてない」 

といったマイナスのスタートではなく、

「痩せたらきっと自信がつくし、もっと積極的になれる!」

「スマートになって服の着こなしの幅を広げて、垢ぬける!」

といったプラスのスタートになってほしいのです。

 

マイナスのマインドのまま続けても、いつまでも痩せることへの執着はなくなりません。

何を始めるにも、自己分析でまずは自分の状態を知ること、そしてその状態を正しく認識し受け入れることが肝心だと思います。(体重・BMIという数値のデータしかり、健康状態はどうなのか、どんな食生活・運動を日常でしているのか)

そしてそこから自分はどうなりたいか?を描いてからスタートすることで、ブレることが少なくなるのではないでしょうか?

 

たった1kgの増減に一喜一憂する若い女性は多いと思います。

1日の中でも変動しますし、生理周期・ホルモンバランスによっても体重の変化は様々です。そんなに気にすることではありません。視野を広げてみましょう、世界的にみてもボディイメージの多様性を訴えるムーブメントは盛んになってきています。

 

「あなたが痩せたい、と思うその理由はなんですか?」

 

SNSや広告に騙されず、自分と向き合うことからぜひ始めてみませんか?

(なんか偉そうですみません。ただの一般人の独り言としてさらっと聞き流してください)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶらの

 

 

自己紹介

初めまして、ぶらのです。

 

世知辛い世の中をサバイブしていくうちに、徐々に図太さを手に入れてきた今日この頃。

 

何か新しいことを始めようと思い立ち、ブログに挑戦しようと思います。

まずはコツコツ続けることを目標に!

 

Blah-Blahと他愛もないことを書き連ねていきますので、ぜひお暇つぶしに訪問いただけたら幸いです。

 

【テーマ候補】

  • 日常(ただの日記的な位置づけ)
  • 趣味…ファッション、コスメ、料理、健康、音楽(洋楽)、フェス(ダンスミュージック系)
  • ちょっと真面目な話…時事ニュースとか、気になる社会問題とか語るかも(?)
    …etc ざっといま考えているのは以上です。

 

アラサー独女が楽しく!ハッピー★に、毒を吐きながら、生きづらい世の中をサバイブしている様子をお届けいたします。

 

よろしくお願いいたします